Engine Yard Developer Center

ダッシュボード

このドキュメントでは Engine Yard Cloud の主要なエントリ ポイントであるダッシュボードの機能について説明します。ダッシュボードのユーザー インターフェイス (UI) を使ってアプリケーションや環境の追加と保守管理を行うことができます。

このドキュメントの使い方

図中の番号を参照し、一致する番号とそれに該当する UI の説明を以下でご確認ください。

Dashboard.png

  1. アプリケーションの追加ボタン (Add an Application) - クリックして、Engine Yard Cloud アカウントにアプリケーションを追加します。
  2. アプリケーション名 - アプリケーションの名前。この例では『todo』というサンプル アプリケーションを使用します。

    アプリケーション名をクリックして『todo』アプリケーションの表示や管理を行います。

  3. 環境名 - 環境の名前。この例では、『todo』アプリケーションが『production』環境 (本番環境) にデプロイされており、この環境にはアプリケーション、アプリケーション マスター、およびマスター データベースの 3 つのサーバー インスタンスで構成されています。

    環境名をクリックして、本番環境の表示や保守管理を行います。

  4. リージョン名 - 稼働環境の Amazon Web Services (AWS) リージョン識別子。これは、アプリケーション インスタンスの置かれている特定の地理的リージョンを表します。この例ではリージョンは『Eastern United States』です。
  5. フレームワーク環境の種類 - Engine Yard Cloud 環境の、Rails * フレームワーク環境の種類を示します。この例では、フレームワーク環境の種類は『production』です。
  6. Migrate? - テキスト ボックスに Rails * の移行コマンドを入力する場合はチェック ボックスにチェックを付けます。
  7. 参照 (Ref) - デプロイする Git 参照を入力します。既定の設定は『HEAD』です (前回のコミットが行われた現在のディレクトリを示します)。
  8. デプロイ ボタン - クリックすると、Engine Yard Cloud にアプリケーションがデプロイされます。
  9. ステータス メッセージ - このアプリケーション環境における前回のアクティビティが表示されます。一番最近のデプロイ ログを表示するには [View Log] をクリックします。デプロイ ログの履歴一覧を表示するには [Deployment history] をクリックします。

* この例では Rails フレームワークを使用しています。


このページに関してフィードバックや質問がある場合は、以下にコメントを追加してください。ヘルプが必要な場合は、Engine Yard サポートにチケットを送信してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk