Engine Yard Developer Center

ダッシュボードからのデプロイ

このドキュメントは英語版のドキュメントを日本語に翻訳したものです。原文に修正があった場合は随時反映致しますが、翻訳作業が完了するまでは英語版が最新の可能性がございます。


マスター ブランチからの簡単なコード デプロイの実行、コード デプロイと移行の実行、または git リポジトリの別のブランチからのコード デプロイを行うことができます。

前提条件

  • Engine Yard のアカウントを作成済みである。
  • アカウントでアプリケーションを作成済みである。
  • 現在、アプリケーション環境が稼働している。
 

アプリケーションのデプロイ

前提条件を満たしたら、アプリケーションをデプロイできます。git リポジトリにコミットした新しいコードのデプロイ準備が整っている必要があります。コードをデプロイする際には、簡単なオプションがいくつかあります。

マスター ブランチからのコードのデプロイ方法

  • [Deploy (デプロイ)] ボタンをクリックします。

    Click the deploy button for your application

コードのデプロイと移行を実行する方法

  1. [Migrate? (移行?)] をクリックして、マイグレーションのコマンドを入力します。

  2. [Deploy (デプロイ)] をクリックします。

    Enter your migration command and click the deploy button for your application

別のブランチからのコードのデプロイ方法

  1. [Ref (参照)] テキスト フィールドにブランチ名を入力します。
  2. [Deploy (デプロイ)] をクリックします。
 

            Enter your branch name and click the deploy button for your application

 

デプロイのステータス

デプロイ中は、[Deploy (デプロイ)] ボタンが無効になり、ステータス メッセージが更新されて、現在のデプロイの進捗状況が示されます。デプロイ終了時には、以下の 2 つの結果が考えられます。

  • Successful deployment (デプロイが正常に行われました)。このステータス メッセージによって、デプロイの完了がタイムスタンプと共に示されます。
  • Failed deployment (デプロイに失敗しました)。このステータス メッセージによって、デプロイの失敗がタイムスタンプと共に示されます。[View Log (ログの表示)] をクリックすると、デプロイの詳細トレースと失敗した箇所を確認できます。
 

その他のデプロイ オプション

ダッシュボードでは、デプロイが管理しやすいユーザー インターフェイスが提供されています。ただし、コマンド ラインからアプリケーションをデプロイする方が簡単な場合もあります。この場合は、Engine Yard Cloud でコマンド・ライン・インターフェイス (CLI) を利用できます。
詳細は、「Deploy from the CLI (CLI からのデプロイ)」を参照してください。


このページに関してフィードバックやご質問がございましたら、以下にコメントを入力してください。サポートが必要な場合は、Engine Yard サポートにチケットを送信してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk