Engine Yard Developer Center

コラボレーションとアクセス制御の利用について

このドキュメントは英語版のドキュメントを日本語に翻訳したものです。原文に修正があった場合は随時反映致しますが、翻訳作業が完了するまでは英語版が最新の可能性がございます。


 

更新日: 2014年1月28日

Engine Yardでは、チームメンバーに対して複数のアプリケーション環境へのアクセスを可能にすることや、チームメンバーそれぞれに対して個々にアクセス権限を付与することが可能です。例えば、誰かにあなたのアカウントに対するフルアクセスの権限を付与することや、一部のアプリケーション環境に対してのみアクセスできるように制御できます。

利用可能なロール

ロールはアクセスレベルに紐付けられています。誰かがあなたのアクセスレベルを変更すると、そのアカウントに対するロールが変更されます。以下が利用可能なロールです。

所有者

  • 招待可能 (対象:他の所有者、管理者、コラボレーター)
  • アクセス権の付与が可能 (対象:すべての機能へのフルアクセス、すべての環境へのアクセス、一部の環境へのアクセス)
  • すべてのメンバーのアクセスレベルの編集
  • 支払情報および過去の請求書へのアクセス、アカウントを破棄可能

管理者

  • 招待可能 (対象:他の管理者、コラボレーター)
  • アクセス権の付与 (対象:すべての環境、もしくは一部の環境へのアクセス権)
  • 他の管理者とコラボレーターのアクセスレベルの編集
  • 支払情報の編集不可

コラボレーター

  • 特定の環境にのみアクセス可能
  • 他のメンバーの招待やアクセス情報の変更不可
  • アカウントからユーザーを削除不可
  • 支払情報の編集不可

アクセスレベル

アクセスレベルは以下3つあります。

  • Full Access (includes billing): すべての環境とすべての機能に対するアクセス。アカウント所有者です。
  • All Environments: (デフォルト) すべての環境に対するアクセス。請求関連などの所有者レベルの機能のアクセスは不可。アカウント管理者です。
  • Some Environments: 特定の環境に対するアクセス。コラボレーターです。

注意: 付与が可能なアクセスレベルは、自身のアクセスレベルによります。例えば、管理者の場合にはフルアクセスの選択肢は表示されません。利用可能なロールを確認してください。

コラボレーションとアクセス制御をはじめる

この文書はEngine Yardでコラボレーションとアクセス制御の利用方法について記述されています。

前提

コラボレーターの招待とアクセス権限の付与

アカウントの所有者と管理者だけがコラボレーターを招待できます。

コラボレーターの招待:

  1. Engine Yardにログインします。
  2. アカウントを選択し、アカウント設定にアクセスします。
    複数のアカウントを持っている場合には、他のメンバーとコラボレートしたいアカウント名を選択します。
  3. メンバーを設定する項目までスクロールし、invite_member.pngリンクにアクセスします。
  4. 招待するメンバーのEメールアドレスを入力します。
  5. 招待する毎に、1つのEメールアドレスのみ入力できます。

  6. メンバーに付与したいアクセスレベルを選択します。各レベルの違いについては、アクセスレベルを確認してください。

    注意: 付与可能なアクセスレベルは、自身のレベルやロールによります。例えば、自身が管理者の場合、Full Accessオプションは表示されません。詳細は利用可能なロールを確認してください。

  7. email_invitation_button.png ボタンをクリックします。

    招待Eメールが指定されたアドレス宛に送信されます。招待したユーザーは、付与されたアクセスレベルに対して変更を加える前に、招待を受け入れる必要があります。アクセスレベルの編集については、メンバーアクセスの変更を確認してください。

    collab_screenshot.png

メンバーアクセスの変更

アカウント所有者と管理者は、他のメンバーのアクセスレベルの変更が可能です。アカウント所有者は、すべてのメンバーのアクセスレベルの変更が可能です。アカウント管理者は、コラボレーターおよび他の管理者のアクセスレベルの変更のみが可能です。

メンバーのアクセスレベルの変更:

  1. Engine Yardにログインします。
  2. アカウントを選択し、アカウント設定にアクセスします。
    複数のアカウントを持っている場合には、変更したいメンバーが属すアカウントを選択します。
  3. メンバーを設定する項目までスクロールし、変更したいメンバーのedit_link.png アイコンをクリックします。
  4. メンバーに付与したいアクセスレベルを選択します。各レベルの違いについては、アクセスレベルを確認してください。

    注意: 付与可能なアクセスレベルは、自身のレベルやロールによります。例えば、自身が管理者の場合、Full Accessオプションは表示されません。詳細は利用可能なロールを確認してください。

  5. update_env_button.png ボタンをクリックします。

    アクセスレベルが更新されます。

メンバーの削除

自身のアカウントからメンバーを削除するには、アカウント設定のページで削除したいメンバーの隣にあるremove.pngアイコンをクリックします。これにより、Engine Yardのダッシュボードおよびチケッティングのアカウントへのアクセスが削除されます。


このページに関してフィードバックやご質問がございましたら、以下にコメントを追加してください。サポートが必要な場合は、Engine Yard サポートにチケットを送信してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk