Engine Yard Developer Center

データベース バックアップの閲覧とダウンロード

このドキュメントは英語版のドキュメントを日本語に翻訳したものです。原文に修正があった場合は随時反映致しますが、翻訳作業が完了するまでは英語版が最新の可能性がございます。


データベースのバックアップは、定期的に検査する必要があります。バックアップが設定どおりに作成・保存されていることを確認してください。さらに、たとえばバックアップ ファイルをテスト環境に読み込んで、データベースのバックアップ ファイルの整合性を確認します。

このページでは、データベースのバックアップ ファイルの場所およびローカル コンピューターにバックアップ ファイルをダウンロードする方法を説明します。

eybackup ツールを使用して、UI またはコマンド ラインからバックアップをダウンロードする手順を示します。

 

UI からデータベースのバックアップを表示またはダウンロード

以下の手順では、Engine Yard Cloud UI を使用してデータベースの表示やダウンロードを行う方法を説明します。バックアップはローカル コンピューターに直接ダウンロードされます。

データベースのバックアップを表示またはダウンロードする方法 (UI による方法)

  1. [Environment (環境)] ページで [Database Backups (データベースのバックアップ)] をクリックします。バックアップ リンクがタイムスタンプと共に一覧表示されます。


    Example list of backup links

     

  2. リンクをクリックして、バックアップ ファイルをダウンロードします。
    MySQL バックアップ ファイルの名前には sql という拡張子が付きます。PostgreSQL バックアップ ファイルの名前には pgz という拡張子が付きます。ファイル名には、データベースの名前、日付、およびタイムスタンプが含まれています。たとえば、次のようになります。myapp.2011-11-14T16-47-02.sql.gzmyapp.2011-11-15T15-20-02.pgz

 

データベースのバックアップを表示またはダウンロード (eybackup による方法)

以下の手順では、eybackup ツールを使用してデータベースの表示やダウンロードを行う方法を説明します。

MySQL: データベースのバックアップを表示またはダウンロードする方法 (eybackup による方法)

  1. SSH 経由で、アプリケーションおよびデータベース インスタンス (単一サーバー環境用)、またはデータベース インスタンス (クラスター環境用) に接続します。

  2. 以下を入力して、バックアップを一覧表示します。

    sudo -i eybackup -e mysql --list-backup myapp

     または

    sudo -i eybackup -e mysql -l myapp

     データベースのバックアップが次のように一覧表示されます。

    Listing database backups for myapp 
    3 backup(s) found
    0:myapp myapp.2011–11–14T16–43–39.sql.gz
    1:myapp myapp.2011–11–14T16–47–02.sql.gz
    2:myapp myapp.2011–11–15T01–10–03.sql.gz
  3. バックアップ ファイルをダウンロードするには、以下のように入力します。

    sudo -i eybackup -e mysql --download N:myapp

     または

    sudo -i eybackup -e mysql -d N:myapp

     (ここで、“N” はダウンロードするバックアップの番号です。たとえば、最も古いバックアップをダウンロードするには、「sudo -i eybackup -e mysql -d 0:myapp」のようにします。)

     ファイルはデータベース インスタンス上の /mnt/tmp にダウンロードされます。

    Downloading myenvironment.myapp/myapp.2011–11–15T01–10–03.sql.gz to /mnt/tmp 
  4. データベース インスタンスからローカル コンピューターにファイルをコピーするには、以下のように入力します。

    scp username@IP_address:/path_to_file destination

     たとえば、次のようにします。scp deploy@ec2-174-129-17-196.compute-1.amazonaws.com:/mnt/tmp/myapp.2011-11-14T16-43-39.sql.gz .

     ヒント: IP アドレスと /path/to/the/db_backup_file の間には、コロン “:” を忘れずに付けてください。

PostgreSQL: データベースのバックアップを表示またはダウンロードする方法 (eybackup による方法)

  1. SSH 経由で、アプリケーションおよびデータベース インスタンス (単一サーバー環境用)、またはデータベース インスタンス (クラスター環境用) に接続します。

  2. 以下を入力して、バックアップを一覧表示します。

    sudo -i eybackup -e postgresql --list-backup myapp 

     または

    sudo -i eybackup -e postgresql -l myapp

     データベースのバックアップが次のように一覧表示されます。

     Listing database backups for myapp
    3 backup(s) found
    0:myapp myapp.2011–11–16T11–20–02.pgz
    1:myapp myapp.2011–11–16T12–20–03.pgz
    2:myapp myapp.2011–11–16T13–20–02.pgz
  3. バックアップ ファイルをダウンロードするには、以下のように入力します。

    sudo -i eybackup -e postgresql --download N:myapp

     または

    sudo -i eybackup -e postgresql -d N:myapp

     (ここで、“N” はダウンロードするバックアップの番号です。たとえば、最も古いバックアップをダウンロードするには、「sudo -i eybackup -e postgresql -d 0:myapp」のようにします。)

     ファイルはデータベース インスタンス上の /mnt/tmp にダウンロードされます。

    Downloading myenvironment.myapp/myapp.2011–11–16T15–20–02.pgz to /mnt/tmp
  4. データベース インスタンスからローカル コンピューターにファイルをコピーするには、以下のように入力します。

    scp username@IP_address:/path_to_file destination

     たとえば、次のようにします。scp deploy@ec2-174-129-17-196.compute-1.amazonaws.com:/mnt/tmp/myapp.2011-11-16T15-20-02.pgz .

     ヒント: IP アドレスと /path/to/the/db_backup_file の間には、コロン “:” を忘れずに付けてください。

 

詳細情報

詳細情報参照
SSH 経由でのインスタンスへの接続 Connect to your instance via SSH (SSH 経由でのインスタンスへの接続)
データベースへのバックアップ ファイルの読み込み                    Restore or load a database (データベースの復元または読み込み)                             

このページに関してフィードバックやご質問がございましたら、以下にコメントを入力してください。サポートが必要な場合は、Engine Yard サポートにチケットを送信してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk