Engine Yard Developer Center

トライアルでのサンプルアプリのデプロイ

更新日:2013 年 7 月 01 日

このチュートリアルでは、トライアル アカウントへの登録を行い、Ruby アプリケーション (ウェブベースの ToDo リスト) を Engine Yard Cloud にデプロイします。

 

このチュートリアルは、『Learn to Deploy Rails Apps on Engine Yard in under 3 Mins! (3 分以内で学ぶ Engine Yard での Rails アプリケーションデプロイ方法!)』でも説明されていますが、更新日時点の新しい UI で以下手順を紹介します。

 

以下は、ToDo アプリケーションをデプロイするためのプロセスです。

  1. トライアル アカウントへの登録
  2. トライアル アカウントの認証および利用開始
  3. アプリケーションの作成およびデプロイ
  4. ToDo アプリケーションの実行

トライアル アカウントへの登録

トライアル アカウントを既に登録してご利用中の場合は、「アプリケーションの作成およびデプロイ」へと進んでください。

トライアル アカウントに登録する方法

  1. login.engineyard.com/signup?locale=jp
  2. に移動します。
  3. 名前E メールアドレスパスワードを入力します。
  4. 利用規約に同意して、チェック ボックスをオンにします。
  5. [アカウント作成] をクリックします。

トライアル アカウントの認証および利用開始

トライアル アカウントに登録すると、Engine Yard から E メールが届きます

この手順では、アカウントの認証および命名を行い、無料トライアルアカウントの利用を開始します。

トライアル アカウントを認証し利用を開始する方法

  1. 件名が「[Engine Yard]: サインアップ有難うございます。E メールをご確認ください。」という E メールの受信を確かめます。
    こちらの Engine Yard (sso@engineyard.com) の E メールは、アカウントを作成して数分後に受信トレイに届きます。
  2. 確認リンクをクリック、もしくはアクセスします。
    これにより、利用可能なアプリケーションを選択するページに移動します。

  3. [Engine Yard Cloud] をクリックします。
    これにより、アカウント作成のページに移動します。
    ChooseEngineYardCloud.png
  4. アカウント作成のページで、アカウント名を入力します。
    アカウント名には一意の名前を使用し、スペースや句読点を含めることはできません。ハイフンは使用可能です。
    ChooseAccountName.png

  5. [トライアル開始] をクリックします。
    新規アカウントでトライアルが開始されます。
    StartFreeTrial.png

アプリケーションの作成およびデプロイ

この手順で作成する ToDo アプリケーションのコードは、GitHub の公開リポジトリにあります。

ToDo アプリケーションの作成方法

  1. Engine Yard アカウントにまだサインインしていない場合は、cloud.engineyard.com にログインしてください。

  2. 新規アプリケーション作成ページで [I would like to deploy a sample app] をクリックし、続いて [Ruby] をクリックします。
    ChooseRubySampleApp.png
  3. Engine Yard Cloud のダッシュボードに、以下のようにサンプルアプリケーション用に値が入力されて表示されます。
    [Git Repository URI] フィールドには、ToDo アプリケーションの GitHub アドレスが入力されます。
    [Application Name] や [Web Application Framework] も自動入力されます。[Web Application Framework] の値は変更しないでください。
    Dashboard1stPage.png
  4. [Create Application]クリックします。
    4_Appl_Create_Button.png
    これにより、ToDo アプリケーション用の [Create New Environment (新規環境の作成)] ページが表示されます。

次に、ToDo アプリケーション環境の設定と起動を行います。

ToDo 環境を作成する方法

  1. 新規の環境作成ページで [Environment Name] フィールドに環境名を入力します。
    NewEnvName.png

    サンプルの ToDo アプリケーションの場合、残りの環境設定値は自動入力された値を利用できます。お客様独自のアプリケーションを作成する場合は、環境に合わせて設定を行う必要があります。

  2. [Create Environment] をクリックします。

    6_Enviro_Create_Button.png

    アプリケーション環境の構成設定ページが表示されます。

  3. 環境の構成を選択するページで、今回は [Single Instance] を選択します。
    デフォルトではインスタンス 3台構成の [Staging Configuration] が選択されています。

  4. ChooseEnvConfig.png
    メモ: お客様のアプリケーションをデプロイする場合には、アプリケーションのニーズに合った設定を選択します。詳細は「Upgrade a Free Trial Account to a Full Account (無料トライアル アカウントからフル アカウントへのアップグレード)」 を参照してください。

  5. [Boot This Configuration] をクリックします。

    8_Enviro_BootThisConfigButton.png

    ToDo アプリケーションの todo_production 環境が表示されます。
    SpinUpEnv.png

    環境の設定およびインスタンスの初回スピンアップには、しばらく時間がかかります。

    ヒント:進捗状況を再確認するために最新情報に更新する場合は、ブラウザを更新するのではなく、左上の [Engine Yard Cloud] をクリックします。
    EngineYardCloudRefresh.png

  6. デプロイが正常に完了したことを確認します。次のようなメッセージが表示されます。

    11_DeploySuccess.png

  7. デプロイが正常に完了したというメッセージが表示されない場合は、[Deploy (デプロイ)] をクリックします。

ToDo アプリケーションの実行

この手順では、デプロイした ToDo アプリケーションを実行します。

ToDo アプリケーションの実行方法

  1. インジケータが緑であることを確認します。

    新規インスタンスが読み込まれインジケータが緑に変わるには、5 分以上かかる場合があります。

    12_Instance_green.png

    ヒント:緑のインジケータは、インスタンスが読み込まれたことを意味します。アプリケーションが正常にデプロイされたことを意味するとは限りません。赤のインジケータは、インスタンスの設定に問題があることを意味します。

  2. [Visit Your Application (アプリケーションにアクセス)] をクリックします。
    AccessDeployedApp.png
    (インスタンスの HTTP をクリックすることもできます。)

    ToDo アプリケーションが表示されます。

    14_ToDo_App_Live.png


このページについてのフィードバックやご質問は、以下に記入してください。サポートが必要な場合は、Engine Yard サポートにチケットを送信してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk