Engine Yard Developer Center

アラートの項目

概要

Engine Yard Cloudに組み込まれているアラートシステムの監視項目を解説します。

アラートの設定はこちらのドキュメントを確認して下さい。

__________2013-12-04_13.25.13.png

Load Average

Load Averateは一定時間でのインスタンスの負荷(Load)です。

デフォルトの閾値:

  • Warn: 4 x vCPU
  • Fail: 10 x vCPU

例えば、1 vCPUのインスタンスでは 4.0以上でwarningのアラートを、5 vCPUでは20.0以上でwarningをお送りします

備考: vCPUはAmazon EC2のECUと同様の意味です。

Load Averageの計算方法については Load (computing).

IO-Wait

DiskへのRead/Writeを行う間CPUはその書き込み処理を待ちます。その待機時間です。IO-Waitが高いとDiskへの負荷がパフォーマンスに影響を与えていることになります。

デフォルトの閾値:

  • Warn: 40% iowait
  • Fail: 80% iowait 

Swap Used

Virtual Memoryとして使用しているHard Diskのスペースです。Swapが大きいと、Instanceのメモリーサイズが更に必要だということを示しています。

デフォルトの閾値:

  • Warn: 128 MB Swap Used
  • Fail: 384 MB Swap Used 

Free Space

以下のディレクトリのHard Diskの空き容量です。: //data/db, and /mnt.

もしインスタンスのDisk Spaceが少なくなってきたのに気づかなかった場合アラートされます。閾値はマウントされている容量から計算されます。

デフォルトの閾値:

  • Warn: 10GB以下の容量がマウントされている時70%に達した時。それ以外は80%に達した時。
  • Fail: 容量の90% を使用している時.

 

DBのプロセス、レプリケーション

  • DBのプロセスの停止
  • レプリケーションの大きな遅れ
  • レプリケーションの失敗

 

HTTP による外部死活監視(HTTP URLの設定が必要)

  • HTTP Status200の返却がされない時
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk