Engine Yard Developer Center

Unicornのカスタマイズ

概要

ここでは、Unicornの設定を変更する方法をご紹介します。

Engine Yardでは自動的に最適化されたUnicornの設定を行っていますが、それを変更することも可能です。

英語版はこちらにございます。

https://support.cloud.engineyard.com/entries/20996656-Customize-Unicorn

手順

  1. カスタマイズした設定を用意する
  2. configの読み先を変更する
  3. Unicornのreload

 

カスタマイズした設定を用意する

AppMasterにSSHログインし、デフォルトで設定されている設定をローカルにコピーします。デフォルトの設定は以下にあります。

/data/#{app_name}/shared/config/unicorn.rb

上記ファイルをローカルの以下のpathに置いて下さい。

#{rails_root}/config/custom_unicorn.rb

Deploy HookかCustom ChefRecipeを利用して、custom_unicornを shared/config/custom_unicorn.rbへ配置します。

run "cp  #{config.release_path}/config/custom_unicorn.rb #{config.shared_path}/config/custom_unicorn.rb"

Deployを行い、ファイルが配備されたことを確認します。

Configの読み先を変更

カスタムレシピを使って、環境変数`UNICORN_CONF`にて、Configの読み先を変更します。

https://github.com/engineyard/ey-cloud-recipes/tree/master/cookbooks/env_vars

UNICORN_CONF="/data/#{app_name}/shared/config/custom_unicorn.rb" 

レシピをUpload & Apply後、UnicornをReloadします。

$sudo /etc/init.d/unicorn_#{app_name} reload
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk