Engine Yard Developer Center

Stack V5の変更点

概要

Puma, Passenger5など、最新の技術を利用できるstack v5がリリースされています。ミドルウェアのバージョンが全体的に大きくUpgradeされています。

また、v4とv5の違いは、構成されるミドルウェアだけではありません。v5ではChefの動作が変更、さらに柔軟性に環境のカスタマイズがより簡単になっています。そして、Chefと統合された、Dockerの利用が可能です。

 

1. ミドルウェアの更新

Dockerが使用できるようになったこと、Pumaが加わっただけではなく、OSの大きな更新されています。各ミドフウェアのバージョンは以下のリンクよりご確認いただけます。

Stack V5

2. Chefの改善点

V4でMain Chef*1 と Custom Chef*2 がマージされ、同時に実行されます。その代わりに、before/after Hookが用意されています。

  • Custom Chefが、Main Chefに統合された
  • `before_main.rb` を記述し、Main Chef*1 の前に指定のRecipeを実行ことができる
  • `after_main.rb` を記述し、Main Chef*1 の後に指定のRecipeを実行することができる
  • Main Chefの上書きが可能に

例えば、Docker Cookbookを追加し、Utilityサーバー上で実行。Haproxy(ロードバランサー)のChefを上書きし、特定のリクエストをUtilityサーバーで実行することが可能になります。

*1 デフォルトの構成を実現するChef

*2 V4にてMain Chefの後に実行される、カスタマイズ用のChef

 

3. Dockerの追加

V5ではDockerを利用可能です。インスタンス一台もいらないタスクや、Engine Yardスタックにない言語環境のランタイムなどが、Chefと統合させて利用可能です。JenkinsやYoutrackなど、いくつかサンプルも用意されています。

https://github.com/engineyard/ey-docker-recipes

 

以上が現在の大きな変更点です。

ご質問がございましたら、サポートまでご連絡ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

ログインしてコメントを残してください。

Powered by Zendesk